HOME > 風力発電 > 風力発電メーカーについて

風力発電建設/風力発電メーカーについて

世界で風力発電の総累積導入量の多い国の順位は中国、アメリカ、ドイツ、スペイン。中国は2004年から6年連続で前年比2倍の成長を遂げ、2010年にはアメリカを抜いて累計導入量で世界一となる。新規導入量でも世界の45%を中国が占める。欧米や中国に比べて日本では、送電網の整備が不十分など風力発電の普及は遅い。日本の風力発電の累積導入量は、2017年3月末で総設備容量は2203基:約336万kW。(日本風力発電協会調べ)標準的な原発1基の発電量は100万kW前後。

世界の風力発電メーカーのシェア別でも:ヴェスタス、GE、ガメサ、エネルコンの欧米メーカーが2008年時点では4社で上位シェア60%を占めていたが、海外メーカーから技術供与を受けた中国メーカーが製造シェアを伸ばし、2010年には世界順位TOP10に4社が入るほど急成長した。一方、日本の風力発電メーカーは3社:三菱重工業、日本製鋼所、日立製作所(富士重工の風力事業を買収)。

風力発電の設置工事の工期は、1基で約3~4ヶ月と工期が短く、比較的発電コストが安い。また二酸化炭素(CO2)の排出削減を見込めることから、日本でも導入が本格化しつつある。 風力発電の陸上輸送(日本通運) 世界では近年、洋上風力発電の建設が進む。日本も陸上から立地や輸送の制約のない海上での実証実験が始まる。東京電力とNEDOは千葉県銚子沖で洋上風力発電の実証実験を開始。

洋上風力発電は欧州が圧倒的シェアとなっており、国別シェアはイギリス、デンマーク、スウェーデン、ドイツ。特にイギリスは現在建設進行中の洋上風力発電の半分がイギリスで行われている。今後2016年までに欧州の洋上風力発電の建設ラッシュに伴い2000人以上のダイバーが必要であるとイギリスの専門機関が発表した。またイギリス政府は2020年までに32GW、7000基以上の洋上風力発電の設置計画を発表、事業規模は約13兆円。英国の全消費電力の1/3を賄い、世界中の風力発電企業の研究施設や製造拠点を集積させ、一大産業に発展させることを狙う。

世界の風力発電メーカー

単年度の新規導入量シェア別(2015年度分)

Goldwind / 金風科技 (中国)
世界第1位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 7.8GW(2015年単年度)
1998年設立。2008年の売上高は65億元で8年連続で売上高100%増を達成。
2009年の売上高は106億6650万元(約1334億円)

REpower(リパワー)から技術供与を受ける。

2005年に中国の国内シェア33%、世界シェア10位にランクイン。

2007年にVensys(ドイツ)を買収する。同年世界シェア8位にランクイン。

2011年にエチオピアに風力発電ユニット供給しアフリカ市場参入。

2013年 世界シェア単年度 2位にランクイン。

2014年 世界シェア単年度 4位にランクイン。

2015年 初めて中国メーカーが世界シェア単年度 1位にランクイン。

Vestas Wind Systems / ヴェスタス (デンマーク)
世界第2位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 7.3GW(2015年単年度)

1945年設立。世界70ヶ国で導入され、46,000基以上の風力タービンを設置。

1979年から風力発電機を製造開始。

1995年から洋上風力発電(Offshore wind power)を設置開始。

2003年にNEG-Miconを吸収合併し社名をVestas Wind Systems A/Sと変更。

2010年 南半球最大の風力発電所マッカーサー(Macarthur)で、3MW級の
風力タービン140基受注。

2010年 世界最大の洋上風力発電所サネット(Thanet Offshore)が完成。
高さ115mの巨大な3MW風力タービンを100基設置。今後タービンを341基まで増設予定。

アメリカ最大級の風力発電所アルタウインドエナジー(Alta Wind Energy)で
風力タービン190基受注。

2010年 世界最大のウィンドタワー製造工場をコロラドに建設。

2012年 世界70ヶ国で導入、46,000基以上の風力タービンを設置したと発表。

2013年 三菱重工と洋上風力発電の合弁会社 MHIヴェスタス社設立。

2014年 世界最大8MWの風力タービン「V164-8.0MW」の試験発電開始。

2015年 イギリスの洋上風力発電で3.45MW「V112-3.45」を116基受注。

2015年 長年世界シェア単年度 1位から2位にランクダウン。

2017年 世界最大9.5MWの風力タービン「V164-9.5MW」の開発。

GE Energy / ゼネラル・エレクトリック (アメリカ)
世界第3位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 5.9GW(2015年単年度)

2002年 Enron Wind(エンロン)風力発電部門を買収した。

2009年 欧州最大の風力発電プロジェクト(Cogealac)に2.5MW風力タービン101基受注。

2010年 米国初の淡水湖の洋上風力発電で1000MW供給。(2020年完成予定)

2011年 Wind Tower Systems(ウィンドタワーシステムズ)から、
100m以上の高い風力タワーを可能にする次世代技術を取得。

2014年 世界シェア単年度 3位にランクイン。

2015年 フランスのアルストム(Alstom)の風力発電・送配電事業を買収。

Siemens Energy / シーメンス・エナジー (ドイツ)
世界第4位の風力発電メーカー。洋上風力発電では世界第1位
1年間に建設された新規導入量 3.1GW(2015年単年度)
総合重電メーカーであるシーメンス社の風力発電部門。

洋上風力発電ではVestasに次ぐシェア。イギリスの風力発電における電力の
約40%は、シーメンス製の風力タービンが使われている。

1991年 世界初の洋上風力発電をデンマークに建設する。

2004年 デンマークのBonus(ボーナス社)を買収する。

2005年-2006年 世界シェア6位にランクイン。

Norsk Hydro(ノルスク・ハイドロ社)と共同開発をして、世界初の水面に浮かぶ
風力発電が北海で2009年に完成予定。

デンマークに2.3MWの風車を91基、総設備容量209MW。世界最大の洋上風力発電を建設。

2010年 アメリカ初の洋上風力発電(Cape Wind)に3.6MW風力タービンを130基採用。

2011年 日本の風力発電市場へ再参入

2012年 チリ最大の風力発電所エル・アラヤン(El Arrayan)に風力タービン供給

2013年 イギリスの世界最大の洋上風力発電所「ロンドン・アレイ」へ
3.6MWの風車を175基を供給。洋上風力発電ロンドン・アレイ(PDF)

2014年 イギリスに洋上風力発電設備の工場を530億円で新設

2014年 世界シェア単年度 2位にランクイン。

2017年 Gamesa ガメサと合併。

Gamesa Eolica / ガメサ (スペイン)
世界第4位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 3.1GW(2015年単年度)

2003年 Made社(スペイン)を買収する。

2004年-2006年 世界シェア2位にランクイン。

2009年 回転翼の直径128m、4.5 MWの大型風力発電機Gamesa G10Xの
プロトタイプを発表。

2010年 ガメサ及びスペイン11社、世界最大級15MW風力タービンの
共同開発開始(2020年完成予定)

2010年 スペイン国内の風力発電シェア50%を超える。

2011年 中国北部で600MWの風力発電プロジェクト共同開発。
中国の原子力発電大手、中国広東核電集団(China Guangdong Nuclear Power)と提携。

2011年 ガメサ、中国企業3社と風力発電の共同開発で提携。
龍源電力(Longyuan Power)、華潤電力(China Resources Power)、大唐集団新能源(Datang Renewable)

2011年 インドのキャパロ・エナジーから総計2ギガワット(20億ドル)の風力タービン受注。納入を完了は6年後の予定。

2014年 世界シェア単年度 8位にランクイン。

2017年 Siemens シーメンスの風車製造部門と合併。

Enercon / エネルコン (ドイツ)
世界第6位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 3.0GW(2015年単年度)
1984年設立。ギアレス風力タービンが特長。

2002年 世界最大の風力タービン4.5MWを製造。
2002年8月~2004年12月まで世界最大を誇る。

2003年-2005年 世界シェア3位にランクイン。

2005年 6.0MW風力タービン E-112。

2007年11月に世界最大の風力発電 E-126。風車1基で「7.5MW」の発電量を誇る、
巨大な風力タービンをドイツのエムデンに設置。この風力タービンは、回転翼の直径が127m、
タワーの高さが135m、発電量は1,800万kWh以上。

2014年 世界シェア単年度 5位にランクイン。

Ming Yang / 明陽 (中国)
世界第8位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 2.7GW(2015年単年度)

2006年 Aerodynから技術供与を受ける。

2011年 中国黒竜江省にある風力発電プロジェクトに1.5MW風力タービン132基契約

2011年 世界シェア単年度10位にランクイン。

2013年、2014年 世界シェア単年度 9位にランクイン。

Envision Energy / 上海 (中国)
世界第8位の風力発電メーカー
1年間に建設された新規導入量 2.7GW(2015年単年度)

2013年 世界シェア単年度 11位にランクイン。

2014年 世界シェア単年度 10位にランクイン。

Suzlon Energy / スズロン・エナジー (インド)
世界市場シェア5.8%(REpower分含む、2014年単年度)

1995年設立。インド最大手の風力タービンメーカー、インド国内で50%のシェアを占める。

2006年-2007年 世界シェア単年度5位にランクイン。

2007年に下記のREpower Systems(リパワー社)を買収する。

2011年インドで風力発電プロジェクト 1000億円で受注(2013年完成予定)

2014年 世界シェア単年度 6位にランクイン。

United Power / 国電聯合動力技術 (中国)
世界市場シェア5.1%(2014年単年度)

2012年 世界シェア単年度 8位にランクイン。

2013年 世界シェア単年度 8位にランクイン。

2014年 世界シェア単年度 7位にランクイン。

Nordex / ノルデックス (ドイツ)
1985年設立。世界34ヶ国で導入され、4,000基以上の風力タービンを設置。

1995年に1.0MWの風力タービンを製造開始。

2000年に2.5MWの風力タービンを製造。

2013年 世界シェア単年度 10位にランクイン。

Sinovel Wind / 華鋭風電 (中国)

2004年にFuhrlanderから技術提携を受ける。

2007年 世界シェア10位にランクイン。

2009年 世界シェア3位にランクイン。

2010年 GEを抜き単年度で世界シェア2位にランクイン。

2011年に約370億円を投じ、上海に風力タービン製造工場を建設。

2011年に中国初の6MW風力タービン製造。1基で6メガワットの容量を誇る、
世界最先端の風力発電機の開発が進んでおり、試作機が今年6月に完成予定。

Sewind / 上海 (中国)

2005年にDeWind(ドイツ)から技術供与を受ける。

2008年にAerodyn(スペイン)から技術供与を受ける。

2012年 世界シェア単年度 10位にランクイン。

三菱重工業(株)/ MHI (日本)
日本を代表する重工業メーカー。

1980年 40キロワットの風車を製造開始。

1999年 1.0MW風力発電を製造(当時日本最大)

2004年-2005年 世界単年度シェア8位にランクイン。

2006年 2.4MW風力発電を完成(当時日本最大)、累計4,448基の風力発電を設置。

2008年 世界累積シェア9位にランクイン。

2010年 日本メーカー初の洋上風力発電に参入。5~8MW級の洋上風力タービンの開発開始。

2010年12月に英アルテミス社(油圧ドライブ技術会社)を買収した。

2011年3月 1.0MW風車MWT62/1.0(ベストセラー機)は、このクラスで世界最高
レベルの発電性能を誇り世界で累計2,000基を突破。

2011年日本企業で唯一イギリスの大型洋上風力発電プロジェクト
(Round 3 Project)参画。三菱重工、世界の洋上風力発電に挑む(日本経済新聞)

2014年 MHI Vestas社が世界最大8MWの風力タービン「V164-8.0MW」の試験発電。

2017年 MHI Vestas社が世界最大9.5MWの風力タービンの開発。

(株)日本製鋼所 / JSW (日本)
永久磁石同期型の発電方式が特長。ギアレス風力タービン

2005年 ブレードの製造開始。

2006年 風力発電事業に参入。
2MW永久磁石同期ギアレス風力発電機JSW-J82の一貫製造。

2010年 新規導入単年度で日本国内シェア1位となる。

2012年 出力2.7MW級風力発電機J100を開発。完成すればブレードの長さ50m、
回転径100mでサイズ、出力ともに国内最大級となる予定。

(株)日立製作所 / HITACHI (日本)
日本の総合電機メーカー。ダウンウィンドローター方式

日立と富士重工が2MWダウンウィンド風力発電を共同開発。

2012年 富士重工業の風力発電事業を10億円で買収する。

2012年 世界初の5MW級ダウンウィンド方式の洋上風力発電の開発に着手

2015年 5MWダウンウィンド風力発電機「HTW5.0-126」初号機の建設

Dongfang / 東方電気 (中国)
風力、水力、火力、原子力の発電設備でも大きなシェアを持っており、原子力発電の
中国シェアは50%、水力発電設備では30%以上を占める。

2004年 REpower(リパワー)から技術供与を受ける。

2010年 世界シェア7位にランクイン。

Senvion/センビオン
(旧社名:REpower Systems / リパワーシステムズ)(ドイツ)
ドイツ第3位の風力発電メーカー。
ラインナップは1.5~5MWの5種類の風力タービンでリパワー社の
「5M」は現在、世界で最も強力な商業用タービンである。

2003年-2005年 世界シェア7位にランクイン。

2007年にインドのスズロン・エナジーに買収されて傘下になる。

イタリア南部で3.4メガワット級の風力タービン13基を設置。2011年秋に建設開始。

カナダで300MW規模の風力タービン供給契約。風力タービン150基を供給
(2013年完成予定)

ドイツRWE社が295MW規模の洋上風力発電の建設にリパワーシステムズと契約。
リパワー社製の直径126mのローターを持つ「6MW」の風力タービン48基が設置される。(2013年完成予定)
洋上風力発電(ノルトゼーオスト風力発電所)

2014年 Senvion/センビオンに社名変更。

ALSTOM / アルストム (フランス)
1928年設立のフランスの総合重電メーカー。
総合鉄道分野ではシーメンスと並びビッグ3の一つ。

2007年 ECOTECNIA , SL / エコテクニア社(スペイン)を買収して風力発電に参入する。

2011年 LMウィンドパワーと世界最大の風力タービンブレード(6MW級用)開発で提携

2011年 ブラジルに風力タービン製造工場を開設

2015年 GEに風力発電・送配電事業を買収されて傘下になる。

DeWind (ドイツ)
1995年ドイツで設立。

2009年 韓国の造船会社の大宇造船海洋に買収される。

Fuhrlander / ファーランダー (ドイツ)

2003年に下記Pfleiderer Wind Energy / フライデラー社を買収する。

Pfleiderer Wind Energy / フライデラーウインドエナジー (ドイツ)

Wind Tech/ウインドテック社(オーストラリア)を買収して設立するが2003年にFuhrlanderに買収される。

Zephyros / ゼフィロス (オランダ)
Lagerweyから分社。

Lagerwey the wind master / ラガウェイ (オランダ)
Wind Masterと合併する。

風力発電のボルト締めコストダウン|風力発電メーカーについて|

ページ先頭へ