HOME > ニュース一覧 > 詳細

プララドニュース

2017.04.04

大渡ダム大橋のケーブルバンドボルト交換工事 - ボルトテンショナー実績

ボルトテンショナーでケーブルバンドボルト8本同時締付け

ボルトの超音波軸力測定

ボルトテンショナー使用実績
高知県吾川郡仁淀川町の大渡ダム大橋の補修工事。
ケーブルバンドボルト取替え工事に「ボルトテンショナー」が使われました。
既設のケーブルバンドボルトを外し、今後、軸力管理ができるボルトに交換。

M22ボルト締め作業用。締付け軸力がバラつかないように
ボルトテンショナーを8台連結し、ボルト8本を均一に同時並行締め。
またケーブルバンドボルトの軸力調査のために
超音波軸力計とマイクロメーターを使用。

ボルトテンショナー 使用機種:
特注 TSR1-M22 製品最大軸力: 280 kN
超音波軸力計 使用機種:エコーメーター ECM-1

大渡ダム大橋
高知県吾川郡仁淀川町にある、国道33号と大渡ダム湖対岸の高瀬地区を結ぶ吊り橋。
橋長444m

ボルトテンショナー
前に戻る